ガンを治しちゃう?!驚異のマヌカハニーとは?

食欲がないあなたにハチミツ

もしもし、そこのあなた・・・癌になってから食欲がなくなってはいませんか?

そんなあなたに、オススメの食品がありますよ!

それがハチミツです!!

honey

 

食欲がなくても、ハチミツなら少量で栄養をたくさん摂取することができます。

私たちの母も末期の頃は、食欲がなく食べることができなくなっていました。

そんな時に、弟同様に薬剤師である弟の奥さんが
ハチミツを薦めてくれたのです。

弟の奥さんは病院の門前薬局で働いていたので、癌患者さんにも服薬指導していました。

その際にハチミツが良いという話を聞いたそうです。

ハチミツを食べて抗がん剤が原因で口内炎になっていた方が改善した、という話も奥さんは話してくれました。

ハチミツよりも効果があるマヌカハニー

そのハチミツでもより効果が見込まれる食品があります!

それがマヌカハニーです!

bee

聞いたこともない・・・?怪しい・・・?

いえいえいえいえ!!決して怪しい物ではないです!

聞き慣れないのも無理はないです。

 

そもそも「マヌカ」とは、ニュージーランドの原住民マオリ族が「薬として使っていた木のこと」なんです。

では、「マヌカハニー」とは何かと言いますと、
ニュージーランド原生のギュリュウバイという木の花から集められた蜜のことなのです。

 

このマヌカハニーただ者ではありません。

効能を挙げていきたいと思います。

 

    • 胃腸疾患の改善

    • 虫歯口内炎歯周病の治療・防止

    • インフルエンザの予防

    • 糖尿病の改善

    • 炎症を和らげる

 

どうですか?!

これだけの効果があると言われています。

 

実は、これに加え「ガンの予防・治癒」の効果があるとも言われているのです。

(※ただ現在の研究では、食べることで効果があるのかは不明とされています。)

現在マヌカハニーの持つ効果・効能は研究中ではあるものの、期待が持てると思います。

 

以上のことから、私はマヌカハニーを食欲がなくなった時の食品としてオススメしたいと思います。

 

ただひとつ注意していただきたい事があります。

それは、です。
味が少し独特なので、安い(抗菌作用が低いもの)から試していただくのが良いかと思います。

もし味がお嫌いでなければ、それから抗菌作用の高いマヌカハニーを買ってください。

抗菌作用は「UMF10+」「MGO100+」というような形で表示されています。

数字が大きくなればなるほど抗菌作用は高いですが、お値段も高くなります。

抗菌作用が発揮される目安としては、「UMF10+」「MGO100+」以上がいいそうです。

↓こちらは50gと少量で試すのにぴったりです!

 

マヌカハニーについて更に知りたい方は以下のアドレスからどうぞ!

http://allaboutmanukahoney.com/

 

食べれないと力も出ないし、元気も出ません。

食欲がないことは仕方ないので、うまく付き合っていくことが必要です。

是非ハチミツ、もしくはマヌカハニー試してください。

少しでも元気が出ますように。

 

このページをシェアする

【膵臓がんでも幸せに楽しく生きる】からお知らせを受け取るには?

お母さんプロジェクトチーム
いつも【膵臓がんでも幸せに楽しく生きる】をご覧いただきありがとうございます。

FacebookやTwitterではがんの最新情報やおすすめの癒し情報など随時配信中です。ブログの更新もお知らせしているので、ぜひ登録して活用してくださいね♪

▼Twitterをフォローする

▼Facebook いいね!

お母さんプロジェクトチーム
↓のランキングボタンを押すと、この記事を他の患者さんにも読んでもらえる可能性が高くなります。よろしければご協力の程お願いいたします。

 

⇒すい臓がん ブログランキングを見る ⇒FC2 ブログランキングを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)